アウディ A4 タキシードスタイル、500台限定で発売 Sラインエクステリアなど装備

news

20180820-audiA4002

アウディ ジャパンは、『A4』にSラインエクステリアやアウディスポーツ19インチホイールのほか、内外装備を大幅に追加した限定モデル「タキシードスタイル」を設定し、8月20日より発売した。

A4タキシードスタイルは、A4セダンおよびアバントの「1.4 TFSI」「2.0 TFSIクアトロ」をベースとした限定モデル。ボディカラーには専用色のマンハッタングレーをはじめ、グレイシアホワイト、ミトスブラック、タンゴレッドの4色を用意。外装はスポーティなSラインエクステリアに、マットチタンルックとV型5スポークのポリッシュ加工が印象的なアウディスポーツ19インチホイールを組み合わせ、さらにLEDヘッドライトとリアコンビネーションライトを与えた品格のあるスタイルとなっている。

そのほかメーターパネルとして12.3インチ液晶ディスプレイを用いるバーチャルコックピットや、アシスタンスパッケージ(アウディプレセンスリヤ、アウディサイドアシスト、パークアシスト、サラウンドビューカメラ)を追加するなど、快適・安全装備も充実。加えて2.0 TFSIクアトロ タキシードスタイルのLEDヘッドライトは、センサーからの情報によって適切に照射範囲を変え、広い視界を実現するマトリクスLEDヘッドライトとなる。

インテリアには通常はパッケージオプションの一部として提供されるパーシャルレザーを用い、カラーはブラックを基調とすることで、タキシードスタイルという名にふさわしい華やかさとフォーマル感を両立したアピアランスを作り出している。またドライバーサイドにはシートメモリー機能を追加した。

価格は589万円から740万円。数々の魅力的な装備を追加しつつ、1.4 TFSIでは約130万円相当の追加を74万円、2.0 TFSIでは約140万円相当のところ87万円のアップに抑えている。4車種それぞれ125台ずつの500台限定モデルとなる。

カエルナラトップページに戻る