トヨタ、ハイラックス を13年ぶりに日本市場へ投入…326万7000円より

news

20170912-TOYOTA HILUX

トヨタ自動車は、大型ピックアップトラック『ハイラックス』を13年ぶりに日本市場へ導入、9月12日より販売を開始した。価格は326万7000円より。

今回、13年ぶりの国内復活となるハイラックスは、タイからの逆輸入モデル。現地ではシングルキャブや2WDなど、多彩なモデルが用意されているが、日本導入はダブルキャブのパートタイム4WDのみ。エンジンは最高出力150ps、最大トルク400Nmを発生する2.4リットルディーゼル「2GD-FTV」を搭載。高効率6速ATとの組み合わせで、走行燃費11.8km/リットル(JC08モード)を達成する。

駆動システムはダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDを採用。状況に応じて2輪駆動と4輪駆動を切り替えることで、快適性と走破性を両立する。また、ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御する。

エクステリアは「タフ&エモーショナル」をコンセプトとし、厚みのある力強いフロントバンパー部と、薄く一体感のあるアッパーグリル、LEDヘッドランプと対比させることで、タフさと洗練さを表現している。またインテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどで洗練さを演出する。ボディカラーはネビュラブルーメタリック、クリムゾンスパークレッドメタリックを含む5色を設定、内装色はブラックとしている。

そのほか、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや、車線逸脱の回避を支援するレーンディパーチャーアラートなど、安全性能も高めている。

カエルナラトップページに戻る