BMW 4シリーズ、 LEDライト採用の改良新型モデル発売…573万円より

news

20170509-BMW4

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『4シリーズ』改良新型モデルの販売を5月9日より開始した。価格はクーペが573万円から851万円、カブリオレが929万円から947万円、グランクーペが580万円から859万円。

外観では、丸目4灯のLEDヘッドライト、ワイドなキドニーグリル、大型エアインテークを備えたフロントエプロンなどを採用し、スポーティなフロントフェイスを形成。またリアには、LEDライト採用のL字型コンビネーションライトを備える。

インテリアでは、最新のマルチディスプレイメーターパネルを標準装備。走行モードに応じ、ふさわしいカラーとグラフィックでメーターを表示できる。さらにTVチューナーと205W/9スピーカーのHiFiスピーカーシステムも新たに標準装備し、快適なドライビング空間を提供する。

カエルナラトップページに戻る