メルセデス Gクラス、開発コード「463」を冠した特別仕様車を限定発売

news

20160616-Mercedes

メルセデスベンツ日本は、『Gクラス』に限定モデル「メルセデス-AMG G63 エディション463」および「メルセデス-AMG G65 エディション463」を設定し、6月17日より受注を開始した。

価格はG63が2160万円、G65が3672万円。限定台数はG63は93台、G65は3台限定で納車開始は9月以降の予定。

Gクラスの開発コード「463」を冠する特別仕様車は、高性能モデル『G63』『G65』をベースに、圧倒的な走破性とスポーティさを強調する特別装備を内外装に採用した。エクステリアは、フロントにステンレスアンダーカバー、サイドにはダークアルミニウム調ストリップラインとAMGスポーツストライプ(デカール)を採用。さらに、21インチ専用デザインAMG5ツインスポークアルミホイールが足元を引き締めている。

インテリアには、厳選した素材を使用した「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」に加えて、カーボン調デザインの専用レザーシートとAMGカーボンファイバーインテリアトリムを組み合わせ、特別感あふれるスポーティな室内空間を演出している。

ボディカラーはG63が「designoミスティックホワイトII」と「オブシディアンブラック」の2色を、G65は「designoグラファイト」の1色を用意する。

カエルナラトップページに戻る