ボルボ 60シリーズ、新開発 T3/T6エンジンを導入

news

20160201-VOLVO

ボルボ・カー・ジャパンは、「60シリーズ(S60/V60/XC60)」に新開発「T3」「T6」ガソリンエンジンを導入し、ラインアップを刷新。2月1日より販売を開始した。

価格はS60が434万円から614万円、V60が454万円から634万円、XC60が539万円から719万円。

今回、2.0リットル4気筒スーパーチャージャー/直噴ターボ「T6」ガソリンエンジンを搭載した「T6 AWD R-デザイン」を導入する。新型T6エンジンは、最高出力306ps、最大トルク400Nmを発生。電子制御AWDシステムや新開発の電子制御式8速ATを組み合わせ、高いドライビング性能と環境性能を両立する。

S60/V60シリーズには、1.5リットル4気筒直噴ターボ「T3」ガソリンエンジンを搭載した「T3 SE」を新たに設定。出力およびトルクは152ps/250Nmを発揮し、新開発の電子制御式6速ATを組み合わせ、16.5km/リットル(JC08モード)の低燃費をを実現している。

安全面では、追突回避・軽減フルオートブレーキ・システムやACCなど、10種類の安全装備・運転支援機能を「インテリセーフ」として、従来通り60シリーズ全モデルに標準装備。また、インフォテイメントシステム「センサス」も全車標準装備する。

カエルナラトップページに戻る