アウディ 新型Q7、3月下旬より発売…300kgの軽量化で運動性能と燃費を改善

news

20160114-Audi_Q7

アウディ ジャパンは、初のフルモデルチェンジとなる最上級SUVモデル、新型『Q7』を3月下旬より発売する。価格は2.0TFSIクワトロが804万円、3.0TFSIクワトロが929万円。

新型Q7はドアやフロントフェンダー、エンジンフード、リアゲートにアルミ素材を使用するなどし、初代比で車両重量を最大300kg削減した。同時にCd値も最高0.31を達成するなど、走行抵抗を大幅に減らし、運動性能、燃費効率を改善している。

ボディサイズは、初代と比べると、全長が若干短くなり、全幅も狭くなった。その一方、室内長は大きくなって、キャビンの居住性を改善。特にオプションの7シーターパッケージで提供される独立式の3列目シートは、ヘッドルーム、ショルダールームともにかなり広くなっている。

エンジンは2タイプのスーパーチャージャー付き直噴ガソリンエンジンを用意。最高出力は、Q7シリーズ初の4気筒となる2.0リットルが252ps、V6 3.0リットルが333ps。小型軽量化した8速ティプトロニックとクワトロシステムとの組み合わせで、卓越した運動性能とクラストップレベルの燃費効率を両立する。

安全面では、自動ブレーキを含めた「アウディプレセンス シティ」、衝突の危険を察知して前席シートベルトのテンションを高める「アウディプレセンス ベーシック」、車線維持を助ける「アウディアクティブレーンアシスト」、駐車時のステアリング操作を助ける「パークアシスト」などの安全支援機能を全モデル標準装備する。

さらに、フルデジタルメーターのアウディバーチャルコクピット、大型タッチバッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にしたアウディ コネクトといった先進装備を採用する。

 

カエルナラトップページに戻る