2015年輸入車国内販売、メルセデスベンツが16年ぶりの首位奪回

news

BEN

日本自動車輸入組合が発表した2015年(1-12月)の輸入車ブランド別販売台数(速報)によると、メルセデスベンツが前年同期比7.1%増の6万5162台で16年ぶりのトップとなった。

フォルクスワーゲンは排ガス不正問題が販売に影響し、同18.8%減の5万4766台。メルセデスベンツに1万台以上の差をつけられ、15年連続で守り続けた、輸入車国内トップブランドの座から転落した。

2015年のブランド別ランキングは以下のとおり。

1位:メルセデスベンツ 6万5162台
2位:フォルクスワーゲン 5万4766台
3位:BMW 4万6229台
4位:アウディ 2万9414台
5位:日産 2万1255台
6位:MINI 2万1083台
7位:トヨタ 1万4777台
8位:ボルボ 1万3786台
9位:ジープ 7132台
10位:ポルシェ 6690台

カエルナラトップページに戻る