マツダ CX-3 商品改良、静粛性向上や乗り心地向上

news

20151224-MAZDA CX-3

マツダは、コンパクトSUV『CX-3』を商品改良し、12月24日より販売を開始した。価格は237万6000円から302万4000円。

今回の商品改良では、エンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更とあわせ静粛性を向上させ、ドライバーが運転に集中しやすい環境を造りだした。

また、前後ダンパーやフロントスタビライザーの構造、電動パワーステアリング特性を緻密にチューニング。操縦安定性を向上させながらも、より上質な乗り心地も追求。加えて、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を行い、軽負荷領域においてアクセル操作に対するクルマの反応がよりダイレクトになるよう設定した。

さらに「XDツーリングパッケージ」にはシックな黒革内装仕様を追加設定。シートにパーフォレーションレザーやラックススエードを使用することで、シックなインテリア空間を実現した。

カエルナラトップページに戻る