メルセデス、CクラスにPHVモデルを追加…707万円から

news

20151204-Mercedes C350
メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』のプラグインハイブリッドモデル『C350 e アバンギャルド』を発表、12月4日より注文受付を開始した。価格はセダンが707万円、ステーションワゴンが782万円。発売は 2016年1月の予定。

C350 e アバンギャルドは、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンに高出力モーターを組み合わせ、システム最大出力は279psを発生する。市街地から高速道路まで、電気モーターのみでの走行が可能で、航続距離は最大約30km。JC08モード燃費はセダンが17.2km/リットル、ステーションワゴンが16.5km/リットルと、優れた環境性能を実現する。

また、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に加え、アクセルペダルの抵抗や振動でドライバーに各種情報を伝える「インテリジェントアクセルペダル」を新たに装備。燃費向上や運転のストレス軽減に貢献する。

プレッシャポイント機能では、走行モードの切替ポイントをアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに通知。ダブルパルス機能では、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生。アクセルペダルから足を放す適切なタイミングをドライバーに知らせる。

カエルナラトップページに戻る