ホンダ、N-BOXなどマイナーチェンジ…UV・IRカットガラスをすべての窓に標準装備

news

20151120-HONDAホンダは、軽乗用車『N-BOX』『N-BOX +』をマイナーモデルチェンジし、11月20日より販売を開始した。価格はN-BOXが119万8000円から165万9400円、N-BOX +が134万円から172万9400円。

今回、「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を「C」「G」を除く全タイプに標準装備。単板窓ガラス採用車として世界で初めて、紫外線(UV)を約99%カットし、ジリジリした暑さを生む赤外線(IR)を軽減するガラスをすべての窓に採用した。

また、「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」を新たに設定。「N-BOX C」「N-BOX G」「N-BOX + G」を除く全タイプに標準装備した。

さらにN-BOXには、VSA(車両挙動安定化制御システム)エマージェンシーストップシグナル、ヒルスタートアシスト機能、フルオートエアコンなど、装備を厳選した低価格のベーシックタイプ「C」を新たに設定した。

ボディーカラーは、プレミアムアイボリー・パールおよびブリティッシュグリーン・パールの2色を新たに追加。また、2トーンカラースタイルとして、プレミアムアイボリー・パール&ブラウン、ブリティッシュグリーン・パール&シルバーを追加した。

カエルナラトップページに戻る