日産 ノート、ボディカラーを見直し…特別仕様車 ブランナチュール インテリアも追加発売

news

20151111-NISSAN日産自動車は、『ノート』の一部仕様を向上、あわせて特別仕様車「ブランナチュール インテリア」を追加し、11月11日より販売を開始した。価格は146万4480円から189万9720円。特別仕様車が157万6800円から187万5960円。

今回の仕様変更では、ボディカラーを一部見直し、パールメタリックの新色キャニオンブロンズをはじめ、チタニウムカーキ、バーニングレッド、フランボワーズレッドの4色を追加。合計15色のカラーラインナップとした。

また、ボディカラーと異なるカラーのエクステリアパーツを組み合わせることができる「パーソナライゼーション」を新たに設定。黒、赤、白、青の4色のドアミラーとアウトサイドドアハンドルをメーカーオプションとして選択でき、自分好みのノートを作り上げることができる。さらにディーラーオプションでも「パーソナライゼーション」として選択できるパーツを設定する。

さらに今回、特別仕様車「ブランナチュール インテリア」を新たに発売する。インテリアには上質なブラウンとアイボリーの合皮コンビシート、シートセンターやドアトリムにはベージュのジャカード織物を採用し、明るい印象の室内空間を演出。加えて、専用センタークラスターフィニッシャーや、本革巻3本スポークステアリング、メッキアウトサイドドアハンドル等を装備する。

 

カエルナラトップページに戻る